NISAの確定申告は難しい?非課税なのに申告が必要なの?

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば非課税期間終了時の確定申告はに含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

となるとお金がないと参加は難しいですし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更できるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。この場合確定申告の手続きも簡単にできます。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】

ゆうちょや銀行などの場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がかからないこと、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAの口座開設と確定申告を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。