硬くて太い髪質の人はどんな白髪染めがいいの?

白髪染めというのは髪質によっても適しているものと適していないものとがあります。
硬くて太い髪質の人の場合にはしっかり染める事の出来るヘアカラーなどが適していると言えるでしょう。
硬くて太い髪の場合には、表面だけに色をつけるという方法ではきれいに染まらない事があります。
まったく染まらないという事はありませんが、もともと白髪であった毛とそうでない毛とが区別できてしまう事が考えられるのです。
ですから、硬くて太い髪質の人にとっては、ヘアカラーがオススメです。
ヘアカラーとは2つの液を混ぜて染めるものです。
2つの液を混ぜて染める事で色々な化学反応が起こり、この化学反応によってしっかりと染める事ができます。
特に、アルカリ剤によってキューティクルが開くという事が大きく影響しています。
キューティクルが開くことによって、その中にまで色素が浸透するという事が考えられるのです。
つまり内部にまでしっかりと染める事ができると言えるでしょう。
ヘアマニキュアやシャンプータイプ、あるいはトリートメントタイプの白髪染めの場合には、色々なタイプがありますが、基本的には表面に働きかけるといえるでしょう。
ですから、染める力は弱く、硬くて太い髪質の人には向いていないと言えるでしょう。
ヘアカラーの白髪染めは染める力が強いというメリットがある代わりに髪にダメージを与えやすいという傾向があります。
ですから、髪がダメージを受けていると感じたときや頭皮に異常があると感じたときには別の方法を考えたほうが良いかも知れません。