住宅ローンアドバイザーの利用について

日本において住宅ローンアドバイザーというのは新しい資格ではありますが、日本以外の海外ではすでに定着していて日常生活の中でとても重宝されています。
代表的なのが、アメリカやイギリスで活躍するモーゲージ・ブローカー、もしくはモーゲージ・インターメディアリーと呼ばれる方々です。
住宅ローンを組む際の利用者と銀行など金融会社との仲介を努める専門家であり、アメリカでは資格団体も設立されています。
日本の住宅ローンアドバイザーもこの先団体を立ち上げてきちんとした制度のもと活躍する場を広げていけるように動きが始まっています。
金融を扱う専門家にはさまざまな種類がありますが、日本の住宅ローンアドバイザーはまだまだこれから成長を遂げていく資格であると言えます。
住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は厳しい?【審査基準通るには?】