厚化粧にならないためには?

キレイになりたいけれど、やり過ぎると厚化粧になってしまいます。
それがメイクの難しいところです。
ファンデーションを複数の色で重ねて塗ったりすると、お肌に陰影が出てきて、小顔に見せたり、彫りの深い顔立ちに見せることができます。
技術的な顔が、ずっと崩れずキープされます。
「厚化粧が好き」という結果にはなかなかなりません。
メイク技術はたしかにいろいろありますが、あれもこれもと欲張っていると、厚化粧になってしまうので、どれかひとつ、キメたいところを選んでメイクするようにしましょう。
例えば細い目を大きくしたいのならアイメイク、お肌の明るさが欲しい人はファンデーションといった感じです。
その際、メイクの濃さがわかりにくくなるような工夫も必要です。
ベアミネラル激安は嘘?効果も・・・涙【スターターキット体験口コミ】