医療ミスの隠ぺい体質

医療ミスが起きた場合、病院側としては、その事実を隠そうとする傾向があります。
結構強いようですね。
(汗)現に、医療ミスを隠ぺいしている病院はあります。
このような病院は、後になってこのような医療ミスが起ったたと発覚するケースも少なくありません。
(汗)医療ミスを起した病院に対しては、患者側の信頼も半減してしまいます。
そんなことで、別の病院にしようと考える人も少なくないと思います。
(汗)そのような事態を恐れ、病院側としては、医療ミスのあった事実を隠そうとします。
(汗)しかし、そんな隠ぺい体質と言うのは、医療全体の医療ミスをなくしていこうと考える人達にとって、よくない傾向と言えます。
医療ミスは、現実に起こった医療ミスの事例をみんなで共有することが大切です。
(笑顔)自分も気をつけよう!!」(笑顔)しかし、病院側の医療ミスを隠ぺいしようとすると、医療ミスがおこった原因の究明が出来ません。
それでまた同じ医療ミスを繰り返すのです。
そんな原因にもなっています。
(汗)医療ミスが何度も起こっている病院とイうのは、何か問題を抱えている病院でもあります。
その時こそが、病院のあり方を見直すチャンスの時でもあります。
※あと、一人の医師にかかる責任、仕事が過剰な病院があります。
※医師、看護師同志の連携があまりとれてない病院もあります。
このような病院は、どこかを改善すれば、医療ミスの連鎖を断ち切れるかと言うことを考える必要があります。